ヤンキース・サバシアが負傷者リスト入り パクストンが復帰へ

[ 2019年5月23日 22:42 ]

 ヤンキースは23日(日本時間同日)、CC・サバシア投手(38)を右膝の炎症のため負傷者リスト(IL)に入れたと発表した。昨年10月にクリーニング手術を受けた古傷だった。

 今季は心臓手術の影響で開幕には間に合わなかったが、4月13日に初登板し先発ローテーションを守ってきた。ここまで8試合に投げ、3勝1敗、防御率3・48。前日22日のオリオールズ戦に投げ、5回6安打5失点ながら援護にも恵まれ3勝目を挙げていた。

 登板後には自らIL入りの可能性について触れ「ちょっとケアしないといけない状態」と話していた。重傷とは見られておらず、注射などの治療を受けた後に再調整を経て、先発ローテーションに復帰する見込み。

 負傷者が続く今季のヤンキース。ただ、左膝の炎症でIL入りしている同じ先発左腕のパクストンが、5月中には戦列復帰する見通し。そのままサバシアの穴を埋めることになりそうだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース