MAX150キロ右腕・大阪大谷大の米田 ホロ苦連投…1部初昇格へ崖っ縁

[ 2019年5月23日 18:21 ]

近畿学生野球春季リーグ入れ替え戦2回戦   大阪大谷大8―9神戸大 ( 2019年5月23日 )

<大阪大谷大・神戸大> 失点し厳しい表情の大阪大谷大・米田 (撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト指名候補で最速150キロを誇る大阪大谷大・米田知弘投手(4年=橋本)が8―6の7回無死一、二塁から5番手として登板し、3回3安打1失点。敗戦で対戦成績は1敗1分となり、連盟加盟後12年目で悲願の1部初昇格へ、後がない状況となった。

 前日22日の1回戦に続いての登板。7回2死満塁から9番打者に同点の2点右前打を浴び、四球で再び2死満塁とすると、暴投で決勝点を与えた。右肘、肩の違和感などのため今月8日の大教大戦で復帰。今春初の連投に「多少、疲労はありましたが、それを言い訳にしてはダメ。明日も準備をしていきたい」と前を向いた。

 不本意な投球内容とはなったが、直球は最速で147キロを計測するなど、能力は示した。中日・中田宗男アマスカウト・アドバイザーは「万全なら、恐らくもっと(球速は)出る。馬力もあるし、秋に向けて大いに期待していい投手」と評価する。スタンドでは中日の他、阪神、巨人など計5球団のスカウトが視察した。

 1メートル78、88キロとガッシリとした体格から投げ込む重い直球が最大の武器。「どの球種でも三振が取れる」という理由で楽天・則本を理想の投手に挙げる。「(プロに)挑戦したい気持ちはある」と話す右腕は、まずはチームの悲願成就のために全力を尽くす。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月23日のニュース