大谷 9試合ぶりベンチスタート 同僚は「一平Tシャツ」で練習

[ 2019年5月23日 08:10 ]

ア・リーグ   エンゼルス―ツインズ ( 2019年5月22日    アナハイム )

水原通訳のTシャツを着て笑顔のロブレス
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は22日(日本時間23日)、本拠地ツインズ戦で9試合ぶりにベンチスタートする。ブラッド・オースマス監督は「予定通り。3日前に本人に伝えていた」と説明し、代打待機する予定だという。

 練習では投手陣が大谷の通訳を務める水原一平通訳の写真がプリントされたTシャツを着用してキャッチボールなどを行った。直後に、雨が強まったため予定していた大谷のキャッチボールは見送られた。

 Tシャツの仕掛け人は大谷だが、中継ぎのN・ラミレス投手は「段ボールの中にたくさん置いてあったんだ。誰が作ったから知らないが面白いTシャツだ」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース