東海大相模・金城がV三塁打 父は巨人・金城龍彦コーチ

[ 2019年5月23日 05:30 ]

春季高校野球関東大会 準決勝   東海大相模4-1山村学園 ( 2019年5月22日    大宮公園野球場 )

延長10回、勝ち越しの2点適時二塁打を放った金城
Photo By スポニチ

 第71回春季高校野球関東大会は22日、埼玉・大宮公園野球場で準決勝2試合が行われた。東海大相模が山村学園を延長10回の末に破り、2年ぶりに決勝進出。巨人・金城龍彦ファーム打撃兼外野守備コーチの長男、飛龍内野手(3年)が決勝打を放った。東海大菅生は専大松戸を4―0で下し、23年ぶりに決勝へ進んだ。史上初となる東海大系列校同士の決勝は23日に行われる。

 東海大相模の金城が同点の延長10回、決勝の2点三塁打。「当たりは良くなかったが飛んでくれた。貢献できて良かった」。塁上で大きくガッツポーズした。1メートル68と小柄ながらバネを生かした打撃と50メートル6秒3の俊足。父は両打ち、自身は右打ちだが、00年に横浜(現DeNA)で首位打者を獲得した父によく似た打撃フォームだ。門馬敬治監督が「本当に真面目な子。10回も打席に行く前に“打とうとするな”と言った」と評するほど闘志あふれる男が、名門の意地を見せつけた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース