ヤンキース・田中 打球当たった右すねは「全く問題ない」 24日午前1時35分試合開始

[ 2019年5月23日 15:36 ]

ヤンキースの田中
Photo By 共同

 ヤンキース・田中将大投手(30)は23日(日本時間24日午前1時35分開始)のオリオールズ戦に4勝目を懸けて先発する。登板前日の22日(同23日)は敵地オリオールパークでキャッチボール、ダッシュなどで最終調整した。

 18日のレイズ戦で先発して6回無失点に抑えながら、右すねに時速111マイル(約179キロ)の痛烈な打球を受けて降板。骨には異常なく、打撲と診断された。この登板間はキャッチボール、ブルペンでの投球練習をこなした上で、無事に中4日での先発が決まった。今でも内出血や腫れは残っているというものの「動きとかは全く問題ない。普通に入っていける」とうなずく。

 ここ3戦は計19回1/3を3失点と好調で、地区首位を走るチームとともにさらに勢いをつけたいところ。「自分がこういう投球をしていくんだっていうものをしっかりと事前にプランを立てて、マウンドに立って、それを実行していく」と意気込んだ。
(ボルティモア・杉浦大介通信員)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月23日のニュース