東洋大が2季ぶり20度目の優勝 国学院大が敗れ決定

[ 2019年5月23日 14:40 ]

 東都大学春季リーグ戦第5週第2日は23日、神宮球場で行われ、第1試合の中大―国学院大戦で唯一優勝の可能性のあった国学院大が中大に6―10で敗れ勝ち点を落としたため、東洋大の2季ぶり20度目の優勝が決まった。

 今季は上茶谷(DeNA)ら主力投手陣が卒業し、投手陣に不安の声があるなか村上がエースに成長、6勝無敗と大黒柱となった。主将の佐藤都も打撃、リード面でチームを引っ張り、山田が効果的な5本塁打を放って打撃陣の中心となった。

 東洋大は6月10日から始まる全日本大学野球選手権大会(神宮ほか)に出場する。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月23日のニュース