雄星 3年連続2桁勝利に王手も「個人の成績より優勝に貢献したい」

[ 2018年8月10日 21:47 ]

パ・リーグ   西武7―3楽天 ( 2018年8月10日    楽天生命パーク )

6回2死満塁、聖沢を三振に打ち取りグラブをたたいてガッツポーズをする菊池(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・菊池が7回4安打3失点の力投で、およそ2カ月ぶりの白星となる9勝目。3年連続の2桁勝利に王手を懸けた。

 「この試合の一番の山場」と語ったのは、6回2死満塁のピンチの場面。聖沢を3球三振に斬り、ガッツポーズが飛び出した。

 6試合ぶりの9勝目を挙げ、3年連続の2桁勝利に王手を懸けたが「個人の成績よりもチームが良い位置にいる。優勝に貢献したい」ときっぱり。「(野手に)いつも助けてもらってばかり。もっと信頼してもらえるようにしっかり投げたい」と謙虚に話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月10日のニュース