横浜2年・内海 大会3年ぶりランニング弾「頭真っ白」

[ 2018年8月10日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第5日・1回戦   横浜7―0愛知産大三河 ( 2018年8月9日    甲子園 )

5回1死、内海は右越えに大飛球を放ち、一気に生還しランニングホームランとする(捕手・桜井)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 横浜(南神奈川)打線は3本塁打を含む12安打で7得点を奪い、板川を援護した。5回、2年生の5番・内海が右越えに大会3年ぶりとなるランニング本塁打。「小学生以来。走っている間は頭が真っ白になったけど(三塁)コーチャーを信じて走った」と笑顔で振り返った。

 南神奈川大会はチーム通算4発。この日は2回に斉藤が2ラン、7回には河原木がソロと爆発し平田徹監督は「伸び伸びプレーしようと伝えていた。勝ててよかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月10日のニュース