ロッテ・福浦 代打でタイムリー 2000安打にあと12

[ 2018年8月10日 20:20 ]

パ・リーグ   ロッテ―オリックス ( 2018年8月10日    京セラD )

<オ・ロ>7回、適時打を放つ代打、福浦(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ロッテのプロ25年目・福浦和也内野手(42)がオリックス戦の7回に代打で登場。見事に右前へ反撃のタイムリーを放ち、通算2000安打にあと12本とした。

 福浦は0―2で迎えた8回、2死二塁で1番・岡の代打に登場。ファールの後の2球目、真ん中に入った直球を右前に弾き返して二塁走者を迎え入れた。一振りで仕事をしたベテラン。井口監督はすかさず代走に加藤を起用、福浦はベンチに下がった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月10日のニュース