創成館・川原、無念4失点 15年の再現ならず「これが自分の力」

[ 2018年8月10日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第5日・1回戦   創成館0―7創志学園 ( 2018年8月9日    甲子園 )

力投する創成館・川原(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 創成館は長崎が被爆してから73年となった9日に試合に臨んだが、白星を挙げることができなかった。4回途中4失点のエース川原は「これが自分の力なんだな」と肩を落とした。

 第3試合での登場前、選手らは原爆が投下された午前11時2分に甲子園の室内練習場で、長崎の方向を向いて黙とうをささげた。初出場の15年も8月9日に試合に臨み、1回戦を突破。稙田龍生監督は「何かの縁」と話していたが、3年前の再現はならなかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース