日大三―折尾愛真 軽度の熱中症で球審が途中交代

[ 2018年8月10日 17:03 ]

第100回全国高校野球選手権記念 1回戦   日大三16―3折尾愛真 ( 2018年8月10日    甲子園 )

<日大三・折尾愛真>途中退場した球審・永井氏に変わり8回からジャッジした西貝氏(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 日大三―折尾愛真で、球審を務めていた永井秀克審判員に7回終了時に今大会初めて適用された給水と休憩の時間中に右脚がつるなどの症状が見られた。

 8回から西貝雅裕審判員に交代し、試合が再開された。大会本部によると、軽度の熱中症と診断され、その後回復したという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月10日のニュース