中日・吉見 自身6年ぶり完封勝利「まさかできるとは」も「若い選手には負けないよう頑張る」

[ 2018年8月10日 21:07 ]

セ・リーグ   中日3-0ヤクルト ( 2018年8月10日    ナゴヤD )

<中・ヤ>自身6年ぶりの完封勝利を挙げ、バッテリーを組んだ松井雅(右)と喜ぶ吉見(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 自身6年ぶりとなる完封勝利をマークした中日の吉見一起投手(33)は、お立ち台で晴れやかな笑顔を見せ「(完封を)したいなと思っていたんですが、まさかできるとは思わなかった」と語った。しかも、無四球ということで「完封よりもうれしい」と表情をほころばせた。

 しかも、4回、2死一、三塁で2016年8月31日の阪神戦以来2年ぶりとなるタイムリーを放ち先制点をもぎ取り「自分を楽にしてくれた先取点」と力を込めた。

 チームは5連敗中と、厳しい状況での登板となったが「自分で止める、という気持ち。勝ってあすの小笠原につなげるつもりだった。最後まで集中力が続いたことが良かった」と語った。さらに「これからも若い選手には負けないよう頑張ります」とニヤリと笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース