巨人・山口俊、力投7回2失点も「勝っている状態で降りたかった」

[ 2018年8月10日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―3阪神 ( 2018年8月9日    東京D )

7回無死、ナバーロの同点ソロに悔しさを隠せない山口俊(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 巨人・山口俊が9日阪神戦(東京ドーム)で力投を見せた。中5日での登板で「絶好調ではない」ながらも7回を投げ、7安打2失点と粘った。

 7回にナバーロに同点弾を浴び、さらに1死一、二塁のピンチ。糸原を二ゴロ、北條を空振り三振に仕留めた。先発の役割は果たしたが「勝っている状態でマウンドを降りたかった」と理想は高い。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース