花巻東・伊藤「ふがいない」、新背番「1」後半の失点悔やむ

[ 2018年8月10日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第5日・1回戦   花巻東2―4下関国際 ( 2018年8月9日    甲子園 )

10回2死一、三塁、伊藤は下関国際・吉村に左前適時打(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 花巻東(岩手)は3年ぶりの初戦突破を目指したが、1回戦で姿を消した。

 先発は今大会から背番号1をつけた右腕・伊藤で6回まで3安打無失点の好投。しかし、7、9回に「甘く入ってしまった」と適時打を浴びて1点ずつ失い、2度追いつかれた。延長10回には2点を勝ち越されてマウンドを西舘に譲り「エースとしてふがいない結果に終わって本当に悔しい。最後まで投げられたらよかった」と唇をかんだ。佐々木洋監督は「後半バテてしまったかな。でもよく投げてくれた」とねぎらった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース