メッセ 打って投げて11勝!広島のマジック点灯阻止

[ 2018年8月10日 20:45 ]

セ・リーグ   阪神3―1DeNA ( 2018年8月10日    横浜 )

<D・神>2回2死二、三塁、右前適時打を放つメッセンジャー(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(36)が打っては自らタイムリー、投げては7回無失点の力投で11勝目(6敗)。広島のマジック点灯を阻止した。

 打って投げて大車輪の活躍だった。1点を先制した2回、なおも2死二、三塁での第1打席。DeNA東から右前適時打を放ち、リードを2点に広げた。投げては7回を6安打無失点で11勝目。引き分け以下で首位・広島にマジックが点灯する可能性があったが、阻止した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース