木更津総合10点大勝で初戦突破 投打で敦賀気比を圧倒 エース野尻8回途中1失点好投

[ 2018年8月10日 12:10 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第6日・1回戦   木更津総合10―1敦賀気比 ( 2018年8月10日    甲子園 )

<敦賀気比・木更津総合>2回1死一塁、木更津総合・野尻は敦賀気比・野道を遊ゴロ併殺打に仕留める(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 第100回全国高校野球選手権大会の第6日は10日、1回戦の3試合が行われ、第1試合は3年連続7回目出場の木更津総合(東千葉)が、3年ぶり8回目出場の敦賀気比(福井)を10―1で下し、2回戦進出を決めた。

 木更津総合は4回に6番・神山の犠飛で先制。6回には3本の安打で1死満塁の好機を迎えると、一番・東の走者一掃となる3点適時三塁打など、打者一巡の猛攻で一挙6得点を奪った。エースで4番の野尻は7回2/3を投げて7安打1失点。打っては8回の打席で二塁打を放つなど、4打数2安打1四球と投打で活躍を見せた。

 敦賀気比は先発の木下が5回1/3を投げて8安打7失点。2年生左腕は5回まで3安打1失点と好投したが、6回に相手打線に捕まった。5回まで1安打と沈黙していた打線は6回に4番・阪口の適時打で反撃。しかし、7回からは再びゼロ行進が続き、夏の大会で3年ぶりの勝利とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月10日のニュース