下関国際、聖地1勝!死闘10回逆転 「信頼」ランエンドヒットからV打

[ 2018年8月10日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第5日・1回戦   下関国際4―2花巻東 ( 2018年8月9日    甲子園 )

10回1死、下関国際・甲山の時に浜松は二盗を決める(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 失敗を恐れぬ勇気で甲子園初白星を挙げた。3季連続出場の下関国際は延長10回1死から1番の浜松が右前打で出塁し、続く甲山の2球目に二盗を決めた。甲山の左前打で一、三塁とし、川上が左前へ決勝打を放った。

 浜松の盗塁は打者判断のランエンドヒット。走者のスタートが悪いと打者が判断したらバットを振る。「浜松はいいスタートでなかったら自分が打ってくれると信頼してくれている」と甲山。その甲山も決勝打のシーンで一塁からスタートしていた。こちらは「行けたら行け」のサイン。チームは「ライナーで戻れなくてもOK」と意思統一されている。

 初のタイブレークが行われた6日の佐久長聖―旭川大高以来、今大会2度目の延長戦。坂原秀尚監督は「タイブレークも少しは頭をよぎった。10回は打順を見てこの回で決めないと、と思った」という。同点の9回1死一、三塁ではスクイズは選択せず、強攻で遊ゴロ併殺に倒れた。「選手の頭にもスクイズはなかったはず」と坂原監督。攻撃的な挑戦者の姿勢が最後に実った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース