下関国際・鶴田、10回2失点完投「絶対負けられなかった」

[ 2018年8月10日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第5日・1回戦   下関国際4―2花巻東 ( 2018年8月9日    甲子園 )

10回を投げ2失点の完投勝利を挙げた下関国際・鶴田(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 下関国際(山口)のエース鶴田は10回2失点で完投。140キロ台の直球を主体に127球を投げ抜いた。

 昨夏、今春はともに初戦で敗退していただけに「絶対負けられなかった。しっかり投げきることができてよかった」とホッとした様子。9回に追い付き、10回に勝ち越し「野手、打者に助けられた」と感謝した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース