雄星2カ月ぶり9勝!7回3失点力投 おかわり逆転V弾で6戦連発

[ 2018年8月10日 21:30 ]

パ・リーグ   西武7―3楽天 ( 2018年8月10日    楽天生命パーク )

西武先発の菊池(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武・菊池が2発を浴びながらも、7回4安打3失点の力投。6月22日のロッテ戦以来となる約2カ月ぶりの9勝目を挙げた。

 6試合ぶりの白星を目指す菊池は3回、茂木に先制の6号2ランを被弾。だが打線が4回に山川の30号ソロ、中村の6試合連続となる18号2ランで逆転に成功。その後も森の14号ソロなどで追加点を重ね、およそ2カ月間白星から遠ざかる左腕を援護した。

 菊池は6回に2死満塁のピンチを背負ったが、聖沢を空振り三振に斬って無失点。7回に田中の13号ソロで1点を失ったが、7回111球4安打3失点と力投した。

 楽天は茂木の2ランで先制も逆転負け。先発の塩見が西武打線につかまり、6回途中5失点と打ちこまれた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年8月10日のニュース