オリックスがわずか3安打で勝利 7回1失点の西が42日ぶり6勝目

[ 2018年8月10日 20:43 ]

パ・リーグ   オリックス2―1ロッテ ( 2018年8月10日    京セラD )

<オ・ロ>1回表、先発登板する西(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスがわずか3安打でロッテに勝利。2連勝を飾った。ロッテは3連敗。

 オリックスは2回、1死三塁から大城の二塁ゴロで先制し、5回には2死一塁から宮崎の左翼フェンス直撃の二塁打で2点目。投げては先発の西がロッテ打線を7回6安打1失点に抑えた。西は6月29日の日本ハム戦以来42日ぶり勝利で今季6勝目(10敗)、自身の連敗を4で止めた。

 ロッテは1―2で迎えた7回、2死二塁から代打・福浦の右前適時打で1点を返したが、そこまで。8回は山本、9回は増井にともに3者凡退に仕留められた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月10日のニュース