【南北海道】東海大札幌、3年ぶり決勝進出 4番・唐川が逆転満塁弾

[ 2017年7月22日 13:50 ]

第99回全国高校野球選手権南北海道大会準決勝   東海大札幌9―4函館工 ( 2017年7月22日    札幌円山 )

<東海大札幌・函館工>3回、逆転満塁弾を放った唐川(右)は笑顔で生還
Photo By スポニチ

 東海大札幌が函館工を9―4で退け、甲子園出場の14年以来3年ぶりの決勝進出を決めた。

 1点を追う3回無死満塁から2年生4番の唐川治也左翼手の右越え満塁弾で逆転。打線は2本塁打を含む17安打と爆発した。

 唐川は「打球が上がりすぎたので入ると思わなかった。昨日(21日)、監督からバットを立てて構えるように言われたのが生きました」と喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース