楽天・アマダ―、球団初3打席連続本塁打 1試合3発は山崎以来10年ぶり

[ 2017年7月22日 19:19 ]

パ・リーグ   楽天―オリックス ( 2017年7月22日    Kobo宮城 )

<楽・オ>4回2死三塁、アマダーが2ランを放ちベンチで迎えられる
Photo By スポニチ

 楽天のアマダ―内野手(30)が22日、オリックス戦で3打席連続本塁打を放った。

 「3番・DH」で先発出場したアマダ―は、2―2の同点で迎えた2回の2死一塁という場面でオリックス先発・山岡から勝ち越しとなる10号2ランを左翼スタンドへ放り込むと、4―3で迎えた4回には再び山岡からカウント3ボール2ストライクからの7球目スライダーを中越えに11号2ラン。7―6と1点リードで迎えた7回には、この回から登板したばかりの4番手・ヘルメンから中越えに12号ソロを放った。

 1試合3本塁打は2007年の山崎武司以来10年ぶり2人目となる球団最多タイ。山崎は本塁打、本塁打、二塁打、本塁打での1試合3本塁打で、3打席連続での1試合3本塁打達成は楽天史上初の快挙となった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年7月22日のニュース