【西東京】延長15回引き分け再試合 創価の片桐監督「疲れているのはお互い様」

[ 2017年7月22日 17:58 ]

第99回全国高校野球選手権西東京大会5回戦   八王子学園八王子5―5創価 ( 2017年7月22日    府中市民 )

<八王子学園八王子・創価>西日が差す中、延長15回を終えて整列する選手たち
Photo By スポニチ

 八王子学園八王子と創価の5回戦は、5―5で延長15回引き分け再試合となった。再試合は7月23日午後0時30分から、府中市民球場で行われる。

 試合は4―4で延長に突入し、14回表に八王子学園八王子が1点を勝ち越したものの、創価がその裏に追いつき、5―5のまま延長15回で決着がつかなかった。

 八王子学園八王子の安藤徳明監督は「点数はもう少し取れたと思うが、苦しい試合でよく粘った」と話した。9回から2番手で登板し、12回までを投げた早乙女大輝(3年)は「再試合は野球人生で初めて。次に切り替えていくのが大事」と前向きに話し、創価の片桐哲郎監督は「疲れているのはお互い様なので、やるしかない」と話した。

 夏の東京大会の延長15回引き分け再試合は、昨年の4回戦・都片倉―専大付に続いて2年連続。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース