巨人・菅野、圧巻10勝目も「調子良くなかった」小林のリードに感謝

[ 2017年7月22日 20:13 ]

セ・リーグ   巨人3―1DeNA ( 2017年7月22日    横浜 )

声援に応える巨人・菅野
Photo By スポニチ

 巨人・菅野が8回98球を投げ、3安打10奪三振無失点の快投。両リーグ最速の10勝到達を「素直にうれしいです」と喜んだ。

 初回に1死満塁のピンチを迎えたが、リーグ打率トップの宮崎を遊ゴロ併殺打に斬った。2回以降はDeNA打線に二塁を踏ませない圧巻の投球。奪った三振も2桁10個を数えたが「あまり調子は良くなかった。誠司が引っ張ってくれた」と好リードの小林へ感謝した。

 7月中の2桁到達は自己最速。防御率もチームメイトの田口を抜き、リーグトップに浮上した。「田口と切磋琢磨して頑張ってこれている。このまま2人で競っていければチームもいい位置にいられると思う」と“相乗効果”を期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース