ロッテ涌井 失点はいずれも四球から「過程がよくない」

[ 2017年7月22日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ1―2ソフトバンク ( 2017年7月21日    ヤフオクドーム )

<ソ・ロ>6回を投げ終えフォームを確認しながらベンチに戻る涌井
Photo By スポニチ

 ロッテ・涌井は7回2失点に抑えたが、7敗目を喫した。

 失点した初回、5回はいずれも先頭打者への四球から崩れ「ピンチをつくった過程がよくない」と反省。エースとして試合をつくり、伊東監督は「最近の中ではかなりいい方」と評価したが、涌井は「後半戦は勝たないといけない。悔やんでばかりのシーズンで、それをなくさないと、もう少し上のレベルにはいけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース