【埼玉】叡明 初の8強 4番・三上ケビンV打

[ 2017年7月22日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権埼玉大会5回戦   叡明5―2大宮東 ( 2017年7月21日    市営大宮 )

 7回2死二塁で、ガーナ人の父を持つ叡明(埼玉)の4番・三上ケビンが決勝の中前適時打。5―2で大宮東を下し「チャンスの時に一本出すのが自分の打撃」と胸を張った。

 59年創部の前身の小松原時代を通じても初めての準々決勝進出に、中村仁一監督は「接戦をやれて、凄く成長してきている」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース