快挙の阿部恩師、東洋大・高橋監督「体が大きくなっていた」

[ 2017年7月22日 05:30 ]

第88回都市対抗野球第8日・2回戦   日本通運2―0パナソニック ( 2017年7月21日    東京ドーム )

東洋大時代の阿部
Photo By スポニチ

 無安打無得点試合を達成した日本通運の阿部良亮投手(24)の恩師、東洋大・高橋昭雄監督(69)に聞く。

 ――阿部投手が快挙達成です。

 「えっ!ノーヒットノーランやったの?ホントに?凄いね」

 ――最近は。

 「13日に都市対抗に出場するOBの激励会で会ったんだけど、体が凄く大きくなっていて“プロみたいだなあ”と言ったよ」

 ――どんな選手でしたか。

 「2部に降格した時、1部即復帰と思っていた矢先に脇腹痛めたりして期待外れだった(笑い)。“闘争心がないのか!”って、俺にしょっちゅう怒られていた。でも体格は良かったし、将来伸びるかもと思って、社会人に推薦したんだ」

 ――成長ぶりは?

 「最近オープン戦で対戦したけど、全然打てなかった。これでプロ入りのチャンスが出てきたらうれしいな」

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース