パナ屈辱 梶原監督「恥ずかしい」、最後の打者阪口「一枚上」

[ 2017年7月22日 05:30 ]

第88回都市対抗野球第8日・2回戦   パナソニック0―2日本通運 ( 2017年7月21日    東京ドーム )

 パナソニックは阿部を最後まで攻略できず、4年ぶりの8強を逃した。梶原康司監督は「お恥ずかしい。明確に弱いところが出た。打ち損じや甘い球を打ち返せなかった」と嘆いた。

 9回2死から代打で最後の打者となった阪口は「何とか崩してやろうと思ったが、(阿部に)低め中心に投げられた。相手の方が一枚上手だった」と脱帽した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース