阪神のマテオ 腰の張りで登録外れる 病院に行く予定なし

[ 2017年7月22日 17:58 ]

 阪神のマテオが22日、出場選手登録を外れた。球団は「腰に少し張りがある。リフレッシュの意味合いが強い」とし、病院に行く予定はないという。

ここまで救援で40試合に登板し、防御率2・65でリーグトップの30ホールドポイント(HP)をマークしていた。中継ぎの補充のため、メンデスが出場選手登録された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース