JR西日本 初8強!代打・亀井が9回決勝2ラン

[ 2017年7月22日 17:40 ]

都市対抗野球大会第9日2回戦   JR西日本8―6セガサミー ( 2017年7月22日    東京D )

<セガサミー・JR西日本>9回1死二塁、右越えに2ランを放つJR西日本・亀井
Photo By スポニチ

 2回戦最後の試合はJR西日本が9回、代打亀井の決勝2ランで勝負を決め初のベスト8進出を決めた。

 1回戦のNTT西日本戦では小原が9回2死から逆転3ラン。この日は同点の場面で2ランと連続で9回に勝負を決めた。代打亀井は元巨人の田中の初球ストレートを右翼席に会心の1号。花本輝雄監督の采配も見事はまった。

 セガサミーは3点を先行された2回、相手投手の乱れに乗じて宮川翔の二塁打などで一挙4点。勝ち越された6回には押し出しで同点。9回も根岸の適時打で1点を返したが及ばなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース