薮田 6回2失点で9勝目!先発転向から無傷の6連勝

[ 2017年7月22日 22:00 ]

セ・リーグ   広島6―3中日 ( 2017年7月22日    マツダ )

中日戦に先発した広島の薮田
Photo By スポニチ

 広島の薮田が6回2失点の好投で9勝目。5月末の先発転向から無傷の6連勝を飾り、この日リーグトップの10勝目を挙げた巨人・菅野をピタリと追走した。

 オールスター戦後、後半戦初先発となった薮田は4回までノーヒットと見事な立ち上がりを見せると、5回一死一、二塁のピンチは後続の松井雅、柳をきっちり打ち取る。5点リードで迎えた6回にはゲレーロに一発を浴び2失点するも安定感のある投球で勝利を呼び込んだ。

 チームは4回に松山の二安で先制すると、5回には会沢と丸の左中二塁打などで一挙4得点。薮田の後を受けた一岡、中崎が1イニングずつを無失点に抑えると、9回は今村が大雨中断後にビシエドに特大弾を浴びたが6―3で逃げ切り、2位阪神に再び9差をつけた。

 一方、中日は先発のドラフト1位ルーキー柳が4回0/3を4失点で4敗目。5回途中、右腕がけいれんし降板するアクシデントに見舞われ、マツダスタジアムでの連勝を逃した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース