薮田 プロ初の10勝王手も満足せず「まだまだ通過点」

[ 2017年7月22日 22:28 ]

セ・リーグ   広島6―3中日 ( 2017年7月22日    マツダ )

<広・中>5回表2死一、三塁、ピンチを無失点でしのいで、田中(右)とハイタッチをかわす薮田
Photo By スポニチ

 今季9勝目を挙げた薮田は初回からボール先行と完璧とは言えない立ち上がりながら4回までノーヒットピッチング。試合後「内容自体は良くなかったので次はもっと長いイニングを投げたいです。状態は悪くないけど試合の入り方が悪くて、あまり満足のいく投球ではなかった」と反省を口にした。

 それでも自身は後半戦白星スタートを飾り「オールスター出場で学んだことをシーズンの中でを表現しようと思っていたのでいいスタートが切れて良かった」と喜んだ。これでプロ3年目にして初めての10勝に王手をかけたが「10勝で終わるつもりはないし、まだまだ通過点と思うのでしっかり高い目標を持って頑張りたい」とさらなる飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース