アマダ―、球団初3打席連続本塁打 待望1号の今江「やっとの思いで1本打ったが…」

[ 2017年7月22日 20:07 ]

パ・リーグ   楽天8―7オリックス ( 2017年7月22日    kobo宮城 )

<楽・オ>8回無死、アマダー(左)が3打席連続となるホームランを放ちウィーラーがロータッチで迎える
Photo By スポニチ

 楽天のアマダ―が球団史上初となる3打席連続本塁打を放ち、チームを対オリックス戦7連勝へと導いた。

 「3番・DH」で先発出場したアマダ―は2回に先発・山岡から左越えに10号勝ち越し2ランを放つと、4―3で迎えた4回には再び山岡から中越えに11号2ラン。7―6で迎えた7回には、この回から登板したばかりの4番手・ヘルメンから中越えに12号ソロを放った。

 1試合3本塁打は2007年の山崎武司以来10年ぶり2人目となる球団最多タイ。山崎は本塁打、本塁打、二塁打、本塁打での1試合3本塁打で、3打席連続での1試合3本塁打達成は楽天史上初の快挙となったが、お立ち台では「記録は知らなかったが、風とお客様のおかげで何とか入ったと思う」と照れ笑い。5回に待望の今季1号を放ち、並んでお立ち台に上がった今江から「やっとの思いで1本打ったが、隣の人が簡単に3本打っちゃったんで…」といじられるシーンもあった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース