【南北海道】北海が3連覇へあと1 準決勝は11得点で7回コールド

[ 2017年7月22日 17:36 ]

第99回全国高校野球選手権南北海道大会準決勝   北海11―4札幌大谷 ( 2017年7月22日    札幌円山 )

<北海・札幌大谷>3回途中から力投した、今夏初登板の北海・井平
Photo By スポニチ

 昨夏の甲子園で準優勝し、南北海道大会では3連覇に挑む北海が、7回コールドの11―4で札幌大谷に快勝し、決勝進出を決めた。初回に6長短打と4つの押し出しを含む7四球を絡めて、大量10点を奪った。

 昨夏甲子園メンバーの佐藤大雅主将(3年)はそれでも、追加点が6回の1点だけだったことを反省。「初回以降は点を取れなかったので修正したい。この夏に向けて全力でやってきた。全力で決勝も勝ち抜く」と、東海大札幌戦に向けて意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース