広島ジョンソン 来日最短KO「何が起こったか分からない」

[ 2017年7月22日 05:30 ]

セ・リーグ   広島5―8中日 ( 2017年7月21日    マツダ )

<広・中>2回、投手のバルデスに逆転3点二塁打を浴び、ぼう然とベンチに戻るジョンソン
Photo By スポニチ

 広島・ジョンソンが来日3年目で最短となる2回1/3で6失点KOされた。1―0の2回には3四死球で2死満塁とし、投手のバルデスに走者一掃の左中間逆転二塁打を許した。

 3敗目を喫しチームの連勝も2でストップ。昨年の沢村賞左腕は「2回は自分の中で何が起こったか分からない。何とか修正して、次の登板に臨みたい」と話した。後半戦のキーマンに挙げていた緒方監督も「今日の内容、結果は残念」と落胆していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース