【兵庫】市西宮・山本 自己新15K 牧野マネがプラカード係で甲子園決めた

[ 2017年7月22日 05:30 ]

第99回全国高校野球選手権兵庫大会4回戦   市西宮6―2武庫荘総合 ( 2017年7月21日    明石トーカロ )

 近畿No・1右腕の呼び声高い市西宮(兵庫)・山本が武庫荘総合戦で自己最多の15奪三振。2失点にまとめ「低めに変化球を集めることを意識した」と話した。

 同校女子は夏の甲子園大会開会式でプラカード係を務め、選考会に参加していた牧野圭夏マネジャー(2年)が合格。先に“甲子園出場”を決めた。ベスト16は2年連続。山本は「僕らは甲子園を目指してやってきたので、まだ通過点」と油断はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース