ソフトバンク 後半戦負けなし5連勝 武田が約3カ月半ぶり白星

[ 2017年7月22日 15:36 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1ロッテ ( 2017年7月22日    ヤフオクD )

ソフトバンク先発・武田
Photo By スポニチ

 ソフトバンクがロッテを2―1で下し、後半戦負けなしの5連勝。貯金を今季最多の28に伸ばした。

 先発の武田は6回1安打無失点、奪った三振は8を数える好投で、4月5日の楽天戦以来となる今季2勝目。7回からは森、岩嵜、サファテのリレーで勝利を導いた。

 打線はロッテ先発・二木の前に4回1死まで無安打に抑えられたが、今宮がチーム初安打となる先制の6号ソロ。7回には内川が左前適時打を放って加点した。

 ロッテは二木が好投も打線にあと1本が出ず。今季ワーストの1安打と見せ場がなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年7月22日のニュース