DeNA 宮崎が2戦連発、貴重なダメ押し弾「積極的に行った」

[ 2016年6月12日 18:25 ]

交流戦 DeNA4―0オリックス

(6月12日 京セラD)
 DeNAの宮崎が2試合連続で本塁打を記録した。1回に流れを引き寄せる3ランを放った11日に続き、この日は3―0の8回に先頭打者としてダメ押しの5号を右中間席へ運んだ。

 ともに初球を捉えての一発。「(球を)待つ打者ではない。積極的に行った」と自身の打撃を貫いた結果だった。チーム最多の14本塁打をマークしているロペスが左足親指骨折で離脱している中で、長距離打者として存在感を示している。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース