ダル、14日先発回避 肩と首に張り、精密検査へ「早く戻れるよう願う」

[ 2016年6月12日 12:27 ]

8日のアストロズ戦の5回、右肩と首のストレッチを繰り返すダルビッシュ

 レンジャーズは11日(日本時間12日)、ダルビッシュ有投手(29)が首と右肩の張りのため、予定されていた13日(同14日)アスレチックス戦の先発を回避すると発表した。13日に磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受ける。

 ダルビッシュは前回登板の8日アストロズ戦で右肩に張りを訴え、5回76球を投げた時点で降板。球団を通じて「トミー・ジョン(じん帯移植)手術を受けた選手に、このような問題が生じることはよくあると聞いています。(検査は)念のため。早く戻れるよう願っています」と英文の談話を発表した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース