ロッテ デスパ適時打に3ラン、QVCで2発目「打てて良かった」

[ 2016年6月12日 18:48 ]

<ロ・ヤ>1回表2死二塁から右前に先制タイムリーを放ったデスパイネはナイス!バッティングの声に人さし指を突き上げる

交流戦 ロッテ7―1ヤクルト

(6月12日 QVCマリン)
 ロッテが快勝した。初回にデスパイネの適時打で先制すると、1―1と追いつかれた直後の4回に田村の犠飛で勝ち越し。4―1の7回にはデスパイネが右中間へ11号3ランを放ち、突き放した。デスパイネがQVCマリンで放ったアーチは今季2本目。お立ち台に上がった主砲は「QVCマリンで打てていなかったので、みなさんの前で打てて良かった」と話した。

 前日の試合後には、不振の清田とともに室内練習場で打ち込んだ。ティー打撃をする清田にトスを上げ「強く振れ。当てにいくな」とエールを送った。デスパイネは「小さい頃から、調子が悪い選手を励ますのがキューバの習慣」。3安打2打点と活躍した清田と2人でお立ち台に上がり「清田はいい打者。結果が出て良かった」と笑顔。清田は「15球くらい上げてくれて気分転換になった」と感謝していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース