日本ハム OB建山氏先頭に歩いて社会貢献、74人が参加

[ 2016年6月12日 16:28 ]

ファイターズウォーキングクラブ「FOOTSTEP FUND~あしあと基金~」の第2回活動の模様

 日本ハムは12日、スポーツ・コミュニティ(SC)活動の一環として「ファイターズウォーキングクラブ『FOOTSTEP FUND~あしあと基金~』」の2016年第2回活動を阪神戦(札幌ドーム)開始前に行った。

 球団OBの建山義紀さんを先頭に札幌ドームと羊ケ丘展望台(札幌・豊平区)間の往復7キロのコースを約1時間30分かけて歩いた。参加者74人の総歩数は81万9906歩となり、10歩1円換算で8万1991円を支援先の一般社団法人日本車椅子ソフトボール協会へ寄付する。

 建山さんは「後半は口数が少し減り若干疲れましたが、このイベントを通じて社会貢献ができうれしい限りです。歩くことで健康にもつながりますし、今年はあと3回予定されているということなので、ぜひ多くの方に参加していただけたらと思います」とコメントした。

 次回は7月31日のソフトバンク戦の前に岩本勉さんが参加して札幌ドーム-八紘学園(札幌・豊平区)間で行う予定。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース