早実・清宮 ダブルヘッダーで連続V弾、特大一発!高校通算50号王手

[ 2016年6月12日 16:39 ]

練習試合<九州学院・早実>6回2死二塁、早実・清宮は勝ち越し右越え2ランを放つ

 早実(西東京)は12日午後、東京都八王子市の王貞治記念グラウンドで桐光学園(神奈川)と練習試合を行い、「3番・一塁」で出場した主砲の清宮幸太郎内野手(2年)は3―3の7回1死から右翼の防球ネット上部に直撃する推定130メートルの特大の勝ち越しソロを放った。これで高校通算49本塁打となり、節目の50号に王手をかけた。

 この日は午前中に九州学院(熊本)と練習試合を行い、清宮は5―5の6回2死二塁から高校通算48号となる決勝の右越え2ランを放つなど4打数3安打4打点で7―6の勝利に貢献。

 2試合目の桐光学園戦でもこのアーチが決勝点となり、2試合連続の決勝弾。2打数2安打3打点の活躍で連勝に貢献し、2試合合計は6打数5安打7打点と怪物スラッガーぶりを発揮した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース