ロッテ 唐川、5回1失点2勝目に納得顔「反省を生かした」

[ 2016年6月12日 18:08 ]

交流戦 ロッテ7―1ヤクルト

(6月12日 QVCマリン)
 ロッテの唐川が5回を4安打1失点で2勝目を挙げた。打ち込まれた過去2試合は、コーナーを狙い過ぎてボールが先行する投球が続いた。この日は四球なしと制球が安定しており「反省を生かして、真ん中を狙った。球の強さもあった」と納得顔だった。

 右手中指にまめができた影響で、早めにマウンドを降りた。「展開的にはもっと長い回を投げたかったけど、悪化して次回投げられない方が良くない」と今後に目を向けた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース