中日 亀沢の悪送球で勝利逃す、谷繁監督「練習するしかない」

[ 2016年6月12日 17:34 ]

交流戦 中日2―3西武

(6月12日 西武プリンスD)
 中日は守りのミスで勝利を手放した。

 1点リードの7回1死二塁で平凡なゴロを捕った三塁手・亀沢の一塁への送球がベースのはるか前方でワンバウンド。これを一塁手のビシエドが捕球できずに後ろへそらして同点とされ、2死から山井が勝ち越し打を浴びた。2失点につながる失策に亀沢は「(ボールを)握れなかった。それだけです」と落胆した。

 谷繁監督は「練習するしかないですよ」と反省を促した。逆転負けで交流戦の勝率5割復帰に失敗。ホームで戦う残り2カードへ「なんとか一つずつ勝ち越して、5割を目指したい」と話した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース