ヤクルト 原樹、7敗目で2軍再調整決定 真中監督「直球磨いて」

[ 2016年6月12日 17:24 ]

<ロ・ヤ>6回裏1死から死球と安打で一、二塁のピンチを迎えた原樹
Photo By スポニチ

交流戦 ヤクルト1―7ロッテ

(6月12日 QVCマリン)
 ヤクルトの先発・原樹理は6回4失点で今季7敗目。自身5連敗となり、試合後に2軍での再調整が決まった。

 課題の立ち上がりに2死二塁からデスパイネの右前適時打で先制を許すと、同点の4回に田村の右犠飛で勝ち越された。6回にも清田の2点適時二塁打で失点し「6回に無駄な2点を与えてしまったのが悔いが残ります」とうつむいた。

 真中監督は「もう一回原点の直球を磨いてほしい」とドラフト1位右腕の成長を求めた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース