DeNAドラ1今永 4連敗の後に破竹5連勝 “福岡出張”で修正

[ 2016年6月12日 05:30 ]

<オ・D>6回無失点の好投で5勝目を挙げ、ファンの声援に応える今永

交流戦 DeNA7―0オリックス

(6月11日 京セラD)
 ベンチで勝利の瞬間を見届けたDeNA・今永は柔和な笑みでナインを出迎えた。好投を続けながらの開幕4連敗は過去のこと。勝ちに恵まれない広島・岡田や中日・小笠原ら、他球団のドラフト1位投手をよそに、5連勝で白星が先行した。

 「前回にふがいない投球をして…。今までで一番緊張して、一番不安だった。死に物狂いで絶対勝つという強い思いを持って投げました」

 6回を90球で3安打無失点。三塁を踏ませず、唯一得点圏に走者を置いた2回2死一、二塁は安達を空振り三振に斬った。心は燃えても、投球は冷静に。捕手の戸柱と「パ・リーグはポイントを前に置く打者が多い。押すところは押して、抜くところは明確に抜こう」と打ち合わせた通り、変化球を交えた緩急で的を絞らせなかった。チームの勝率を5割に戻す好投で、防御率2・10はリーグ2位に上がった。

 4日のロッテ戦(横浜)は黒星こそ付かなかったが、5失点で自己最短の3回降板。この6日間は通常なら横浜に残って調整するところを、登板機会のない福岡遠征に同行し、ヒントを得た。木塚投手コーチの助言でシャドーピッチングを導入し、横振りになっていた腕の振りを修正。縦に腕を振ることで「指に掛かった状態で抜ける球を投げられた。失投がなかった」という。チェンジアップやスライダーなど、切れが戻った変化球を自在に操った。

 1年目での5連勝は球団では大洋時代の82年の金沢次男以来2人目。左投手では初めてだ。開幕から奮闘する左腕の疲労を考慮して、100球以内の制限をかけたラミレス監督は「エネルギーをためておけるね」と早くも次戦へ期待する。「良いときはチームの流れに乗って、悪いときはストッパーになれるように。チームの中心になっていきたい」。今永の言葉に新人離れした自覚がこもった。 (中村 文香)  

 ≪34年ぶり2人目≫ルーキーの今永(D)が開幕4連敗後に5連勝。チームの新人で5連勝は、82年に金沢が開幕5連勝して以来34年ぶり2人目。左腕、全て先発で5連勝はともに今永が初めてになる。また新人のシーズン5勝はチームでは13年の三嶋6勝、井納5勝以来。左腕に限ると、96年関口と並びドラフト制後の最多タイ。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース