ハム 12日にも自力V消滅危機 光明は斎藤の好投 3者連続K

[ 2016年6月12日 05:30 ]

<日・神>2番手で登板し、力投する斎藤

交流戦 日本ハム0―3阪神

(6月11日 札幌D)
 日本ハムは今季4度目の零敗を喫し、12日にも自力優勝が消える可能性が出てきた。

 その中で2番手・斎藤が好投。3点を追う7回から登板すると、鳥谷を二ゴロに打ち取り、大和、高山はいずれもフォークで空振り三振に仕留めた。8回も先頭のゴメスをフォークで空を斬らせ、3者連続空振り三振。攻撃へつなげることはできなかったが、小気味良い投球で2回無失点にまとめた。栗山監督が「良い内容だった」と言えば、斎藤も「一つ一つ丁寧に投げた。ゼロに抑えることだけだった」と納得の表情だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース