“オリ姫”安田美沙子ノーバンならず「悔しい 頭真っ白」

[ 2016年6月12日 14:01 ]

<オ・D>始球式を行う安田美沙子

交流戦 オリックス―DeNA

(6月12日 京セラD)
 タレントの安田美沙子(34)が12日のオリックス―DeNA戦(京セラドーム)の始球式を務めた。

 「オリ姫デー」にちなんだピンクを基調としたチェック柄ユニホームを着用して登場。ふりかぶっての投球はワンバウンドで捕手のミットに達したが「悔しいです。練習の時は届いていたのに(マウンドに)立つと、すごい遠く感じて…。緊張がピークに達して、頭が真っ白になりました」とさわやかな笑顔を振りまいた。

 同日の試合は摂南Family(卒業生、在学生、受験生とその家族・関係者)が交流を深め合うホームカミングデイ「All 摂南大学 Day」として開催。同大学出身の縁もあっての大役に「大学の友達を京都案内していたら、スカウトされたんです。摂南大で友達がいなければ、この世界に入っていない。先生達といろいろ勉強して楽しかった思い出もあります」と振り返った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース