広島 再三の好機生かせず、延長10回勝ち越し機に新井併殺打

[ 2016年6月12日 19:00 ]

交流戦 広島3―4楽天

(6月12日 コボスタ宮城)
 広島は終盤の再三の好機を逃し、今季4度目のサヨナラ負けを喫した。延長11回に抑えの中崎が力尽き、緒方監督は「チャンスを生かせなかったら、こういう結果になる」とさばさばとした表情だった。

 3―3の8回から毎回、得点圏に走者を置いた。特に10回は1死満塁としたが、新井が三ゴロ併殺打に倒れた。試合を決めることができなかった4番打者は「いい当たりとかは関係ない。自分が(走者を)かえさないから負けた」と責任を背負った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース