ヤク畠山 抹消か 左手首に痛みで途中交代「開幕前から痛かった」

[ 2016年6月12日 05:30 ]

交流戦 ヤクルト2―4ロッテ

(6月11日 QVCマリン)
 「4番・一塁」で先発出場したヤクルト・畠山が左手首痛で7回の守備から途中交代。

 「左手首は開幕の前から痛かった。(初回に)高浜の打球を捕ったときに痛みが増した。3年前に有鉤(ゆうこう)骨をやったときに似ている」と厳しい表情。痛みが引かない場合、12日に出場選手登録から外れる可能性もある。最下位からの浮上を目指す中、主砲の戦線離脱は大きな痛手だ。

 ▼ヤクルト・成瀬(救援で古巣・ロッテ戦に移籍後初登板。打者1人を抑える)ブーイングも歓声も受け止めなければいけない。結果を残さなければいけない。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年6月12日のニュース